電話占いでの霊視の考え方

電話占いでは、占いなので、霊的な現象に出会う場合があります。鑑定をしてもらう人が霊的な場合には、その結果の感触も内容も霊的なものとして受け取ってしまうということになります。また霊視ということでの占い師の能力ということもあるということで、ある意味では箔がつくということで利用されるということもあります。この場合には、それを確かめる基準がないこともあり、信じて良いかどうかということが問題になります。この霊視という霊的な内容がある場合には、鑑定してもらう内容を自分が確認しておき、それに関連している内容を言い当ててもらえるような占い師ならば、信用するということがポイントになります。その時には、自分しか知らない内容を推測できないようなことも含めて観てもらうと真偽がわかりやすいとなります。その点もポイントになります。

電話占いでの霊視のポイント

電話占いでも占いということですので、霊的な内容がかかわってくるということで、それらを利用して問題の解決にかかわってもらえるように相談するということになります。この時に霊視などの広告に惹かれるという人は、霊的なものやスピリチュアルなものの影響を受けやすいということがあります。特に女性はそのようなことも多いので、その点を注意するということも必要です。この場合にはどのように判断するかというと、自分の課題に役立つ霊視をしているかということになります。霊視というと非常に高度な徳の高い占い師というイメージですが、実際は徳や人間性とは全く関係がないのが霊的な現象です。その点をよく理解しておく必要があります。特技のようなもので、例えばマラソンの金メダリストが、人格者かどうかを考えてみればわかります。その点が注意点です。

電話占いでの霊視の注意点

電話占いでの霊視という能力は、それが真実であれば素晴らしいということですが、そうでないことも多いということですので、まずは能力の確認をしておく必要があります。中にはいろいろな情報から友人のつてで占い師に遭ったような場合には、友人などから個人情報が流れているという可能性もあります。そうなると知っていて当たり前のことをその能力ということで話せば、簡単に信じてしまいます。そのほかにもさまざまなテクニックがあるので、その能力ということを前面に出している場合には、霊視ができなければ何もできない占い師ということになりますから、その確認をしながら、霊視が本当にできている人かどうかを確認します。幸い電話では表情とかも見られないので、表情から判断されることもないということですから、能力の確認もしやすいということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です